マカの効能

マカの効能

近年に話題となるマカとは、いったいどんな効能がありますか。下記にマカの効能をまとめてみます。

 

マカの効能
マカの効能

 

マカの効能の一:肝臓を守る

 

肝臓は体内の主に臓器で、体の中で去酸化、グリコーゲン貯蔵、分泌性タンパク質の合成などに果たしています。

 

肝臓はまた、消化器系の胆汁を作り、人間の内臓の最大の器官です。それだけでなく、新陳代謝に重要な臓器です。 10万人の男性からの健康診断によって、脂肪肝の発生率は22.28パーセントの人口を占めていることを示しました。

 

肝臓に対するマカの効能といえば、マカに含まれるタウリン、グルタミン酸、アルギニン、植物ポリフェノールなどの物質は肝臓の代謝機能を高め、エタノールやアセトアルデヒドの代謝を加速して、アルコール中毒を防ぎ、体内の重金属、殘留農薬の排泄を速め、脂肪肝、アルコール性肝障害や肝線維化、高血糖などの予防作用があります。

 

したがって、酒を飲み過ぎた時にマカを食べて、肝臓を保護し、アルコール分解物を体外に排出すること加速するによって酔いを醒ます。

 

マカの効能の二:腎臓を守る

 

マカの役割は視床下部を調節することです。マカに瑪マカセンとマカアミドは「腺の王」の脳下垂体を直接に影響し、脳下垂体から分泌するホルモンは体の各器官機能を調節します。

 

それによって体の各器官の運行の協調を保つ、マカで55種類の活力栄養素、20種類のアミノ酸、16種類のミネラル、8種類のビタミンなどが含まれているため、バランスのよい食事を通じて肝と腎臓を守ります。

 

マカの効能

 

マカの効能の三:胃を守る

 

マカは胃病を抑える効果があります。漢方理論によると、滋陰虚を補う効果が高いし、古来「南米人参」とも呼ばれます。

 

マカは、人間の血のガストリン濃度を高め、およびガストリンは胃前庭部の上部小腸粘膜のG細胞から分泌して、慢性萎縮性胃炎の治療にいいです。

 

また、マカは胃腸排出を促進できます。さらに、胃粘膜の被害を保護し、大幅に機能性消化不良の症状が改善することができます。

 

胃を守るマカの効能としての最大特徴とは、胃の病気の病原体のためのマカ – ヘリコバクター・ピロリ菌の阻害を抑え、萎縮性胃炎、表在性胃炎などピロリ菌陽性の病症の治療を助けて、胃腸病気の理想的なハーブ薬です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です