脚痩せ方法

脚痩せ方法
脚痩せ方法
脚痩せ方法

 

脚痩せ方法はたくさんありますが、自分自身の足が太いタイプを応じて、ダイエットするのがベストです。

 

タイプ一:むくみの足とその脚痩せ方法

 

むくみの足

むくみの足は、長時間に座って運動しない人とか、しょっぱいな食が好きの人とか、足首が太く、ひざ肉が多くの人がむくみの足に形成しやすいです。

特徴:

1、むくみ部位は何の質感もなく、且つ肌の色も比較的に暗く、指先で押すと

ピットが出てきます。

2、肌が回復速度が遅ければ遅いほどむくみ程度が厳重だといえます。

3、通常に脚むくみの女性は血行が悪い症状がよくあります。

 

むくみの足に対応する脚痩せ方法:

 

1、飲食法

ビタミン、セルロースの新鮮な果物野菜を多く食べこと。

高糖分、高塩や高脂の食品を食べないこと。

野菜はなるべく冷やして、生のままで食べること。

食事時間を延長すると食欲を下げること。

食事の順序はまず野菜、ご飯、そして肉類。

2、足湯

毎日に足湯をすること。ベストのはお湯がすねのふくらはぎを浸します。

 

タイプ二:脂肪の足とその脚痩せ方法

 

いわゆる脂肪の足は、食習慣を重視しないで、よく高糖分と高油分の食べ物を食べて形成するものです。このタイプの足は見ると肉ぽい、且つ触ると肉が柔らかすぎます。

特徴:

1、体が肥満で、見た目より実際が重いです。

2、両足に脂肪が積重ね、軽く押すとオレンジの皮のようになります。

3、内もも、お尻と膝の裏側に脂肪不平均の現象があり、皮膚がでこぼこしているように見えます。

脂肪の足というタイプに対する脚痩せ方法

運動による脚痩せ方法

多くの有酸素運動、例えばジョギング、水泳、ヨガなどの運動をして、皮下脂肪の減少に役立ちます。

脂肪吸引による脚痩せ方法

脂肪吸引は、脂肪型太い脚を痩せる最も速い方法だといえます。脂肪吸引手術は気質と体型を結合するのが特徴で、総合的に臀部の形態とすねの太さにより脂肪吸引手術の範囲と量を決めます。

 

タイプ三:筋肉の足とその脚痩せ方法

筋肉の足とは力を入れない時、すねの位置の肉も突出し、且つ触ると硬いと感じます。

筋肉の足の形成原因は主に、運動量が多すぎてすねが太くなり、或は長時間にハイヒールを入って形成するものだといわれています。

特徴:

1、足のある部位が柔軟で、例えば、太ももの根部が柔らかすぎです。これは運動量少ない原因です。

2、足のある部位が硬いです。例えば、すねのふくらはぎ。

このタイプに対する脚痩せ方法:

毎日に起きたら、リビングや部屋で5組の足をつり上げる動作をすることです。

1組が1分間、1組完了後少し休憩し、その後繰り返します。

足をつり上げるのは太ももを痩せる最適運動です。よく太ももの筋肉を運動させて、足部の脂肪の燃焼を促進できるからです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です