下剤ダイエットにご注意

下剤ダイエット
下剤ダイエット

 

 

便秘問題無しの人に対して、下剤ダイエットするのは絶対良くないです。

 

下剤ダイエットの副作用の一

 

若し短時間で下剤を使用するなら、下痢は主に体内の水分を大量に失って、体重は確かに落ちましたが、脂肪が本当に消耗していないので、一旦水と塩の代謝が正常に戻ったら、体重も直ぐにリバウンドします。

 

長期間で頻繁に下剤で下痢するなら、腸がいつも食べ物の栄養を吸収していないのに排出するばかりで、体がいつもエネルギー不足状態になっています。

 

それに下痢で水素電解質PHバランスが混乱になって、体がとても弱くて、食欲と精力も下げます。

 

下剤ダイエットの副作用の二

 

長期間で下剤を服用するにより、腸の動きが混乱になって、薬物依頼になってしまって、薬の刺激が無ければ動かない状態になります。

 

更にひどい状況は腸壁になる末梢神経と筋肉組織を壊して、機能性便秘から器質性便秘に発展して、薬を飲んでも排便しなくなります。最後は肛門堕脹となり、更に血便になる。

 

若し長期下痢で腸のバクテリアが失調を発生して、頻繁な下痢或は便秘になる可能性があり、且つ下痢で水素電解質PHバランス混乱になって、厳重時脱水、低カリウムの血病で命を失うことも至ります!

 

下剤ダイエットに用いている下剤の危険性

 

常にダイエットできる、腸の毒を洗浄できる薬や、お茶などのサプリメントをよく聞かれますよね。実はその有効成分は下剤です!

 

通常の場合、われわれの腸にはそんな多くの「宿便」が無いですよ。排出すべきの「毒」も無いです。若しいつも強制で腸に「洗浄させる」下剤ダイエットをすると、危害が多いです。

 

下剤がいろいろな種類があり、下剤ダイエットによく使用されているものたとえばカイサイロと液体のパラフィンが比較的に温和の下剤であり、硫酸マグネシウム類は比較的にひどくて、刺激性下剤です。その他は乳果糖、アントラセンのキノン類、フェノールフタレーン(果導片)、番泻の葉、大黄などがあります。

 

先ず、温和の下剤でのダイエットも有害です。

 

カイサイロは腸に一定の刺激作用があり、液体のパラフィンはカイサイロに似ているグリース剤であり、食道反流の問題がある人に対して、口経由で液体のパラフィンを飲んだ後、反流で肺に吸い込んで、類脂性肺炎を起こします。

 

この概率がとても少ないですが、反流問題ある人が若しどうしてもダイエットのため、服用するなら、できるだけ寝る前に服用するのを避けてください、或は服用後一定時間を立って下さい。

 

それから刺激性下剤でダイエットについて説明します。

 

硫酸マグネシウム類、強い下剤として、突然の使用で急性脱水、低血圧(骨盤の中の空洞部に充血で起こったのですので生理期間服用禁止)になる可能性があり、連続使用すると麻痺性腸塞ぐ等の問題になります。

 

その中に含有するマグネシウムのイオン、硫酸塩は人体に大量を吸収された後、高マグネシウムの血病、高燐酸塩の血病、低カルシウムの血病等の問題を起こし、厳重時精神混乱、呼吸抑制、心臓が急に停止になります。ダイエットは大事ですが、命はさらに大事です。

 

フェノールフタレーン類下剤、もう大量の実際の使用根拠によってそれは結腸黒変病を引き起こすになります。結腸黒変病と結腸癌の間の関係がまだ争議が有りますが、小ネズミの試験ではヒズミになるのを証明されました。目前アメリカとイギリスはもうフェノールフタレーン含有の薬物を禁じました。

 

よく知っている番泻の葉と大黄について、多くの人はそれが漢方薬の為、とても安全だと思っていて、よく下剤ダイエットにもち入れました。

 

実は、番泻の葉と実とも番泻苷と言う成分を含め、腸道のバクテリアで分解した後、大黄酸蒽酮-よくある肝臓毒性物を産生します。大黄にも当然大黄酸蒽酮が有ります。漢方薬類の下剤を濫用して急性肝臓生理機能が衰弱することを引き起こして死亡になったのも少ないです。

 

その以外、下剤ダイエットに使われているPlantain seed含有の下剤は敏感性気喘になる可能性があります。フェノールフタレーン類薬は固定薬疹、大水疱性の赤斑と狼瘡の反応等に引き起こします。

 

まとめとして、下剤ダイエットは絶対良くないダイエット方法です。ダイエットの場合、下剤ではなく、通常の痩せる薬を使ってください。