厨房ゴミを再利用 免疫を高める食べ物に

普段に料理を作る時、下記のものをよく捨てられるでしょう。実に、これらのものは免疫を高める食べ物です。ぜひ捨てないように料理に取り組んでください。

免疫を高める食べ物
免疫を高める食べ物

一、野菜の根は免疫を高める食べ物です。

 

これはよくゴミ箱に入っているものでしょう。香菜の根、セロリ、大根の皮にビタミンCや食物繊維が豊富です。癌予防のレシピとして、塩や酢、醤油、香料などで漬けてキムチに作って食べられます。降血圧、コレステロールや便秘、結腸癌などの疾病の予防にとても理想的な食べ物です。

 

二、茄子の皮

 

料理を作るとき、沢山の人が茄子の皮を剥いてから食べますよね。が、茄子の皮を剥かなくて食べるのを薦めます。免疫を高める部分は皮にあります。

 

茄子の皮にピタミンB族があります。B族ピタミンはピタミンCの代謝に役立ちます。癌予防の研究により茄子の皮に癌の活性を防止する能力が一番強いので、免疫を高める効果が癌予防の薬にも超えているという。

 

三、魚の鱗

 

癌予防専門家の研究によると、魚の鱗にレシチン、多種の不飽和脂肪酸が含まれていますし、多種の鉱物質、特にカルシウム、燐の含有量は高くて、特殊な癌予防などの免疫を高める食べ物になります。

 

また、癌予防することだけでなく、人の記憶力を強めることができ、脳細胞老化を遅らせ、高血圧や心臓病の予防もできます。常によく食べると、小児佝僂病、老人の骨粗鬆と骨折も予防できます。

 

四、おから

 

食物繊維、カルシウムなどの栄養素が高く含まれていますし、低カロリー、低脂肪、抗ガン、便通、脂肪低減、血糖降下が特徴です。

 

そして、ダイエットの新しい原料でもあります。卵白、小麦粉、ネギのみじん切りと調味料を入れて攪拌してから餅に焼いて食べるのは一つの免疫を高めるレシピです。血粘度が高くなる、高血圧、動脈硬化症や心臓病、脳卒中、癌の再発予防にとてもいいです。

 

五、ミカンを食べる時その筋を取らないで食べること

 

かなりの人はミカンを食べるときに、ミカンの筋を剥かしてから食べますよね。

 

癌予防の研究によると、ミカンの筋にある「ルチン」のビタミンが人の血管の弾力性と密度を正常程度に維持する事ができ、それに血管壁の脆性と浸透性を減少し、毛細血管の血滲みを防止できます。癌予防だけでなく、高血圧患者が脳溢血の発生と糖尿病患者が網膜出血の防止ができます。

六. 陳酢

 

捨てられる食べ物の話からちょっと外れですが、癌予防の実験により、ハトムギの実やトウモロコシを原材料として作った酢から抗腫瘍活性物質があり、癌予防の作用があることがわかりました。酢の卵液は解熱解毒、活血化瘀ができますし、多種のビタミンも含んで、ニトロソアミンの形成を遮断し、機体の新陳代謝を促進、免疫を高める効果がありますので、癌予防効果があることと証明しました。よって、陳酢も免疫を高める食べ物となります。

10種類のナッツの効能とその食用上の注意事項

ナッツ効能
ナッツ効能

一、クルミ

 

クルミというナッツ効能:抗氧化

 

週には二三回クルミを食べると、お年寄りや生理が止まった女性に対し効果があります。

 

なぜならというと、クルミの中のアルギニン、オレイン酸、抗氧化物質は、心血管に対し保护の効果があるからです。

 

それだけではなく、冠状動脈心臓病、中风、認知症に対して予防の効果もあります。

 

クルミの食用上の注意事項:

 

食べすぎるには注意してください。消化に対し影響があるからです。

 

ある人はクルミ表の褐色の皮を剥いて食べるのは好きです。でもそれにしたら、栄養が失うから、剥かないでください。

 

二、クリ

 

クリというナッツ効能:肾虚の治療に効果があります。

 

クリは膳食繊維があるので、糖尿病患者にも少し食べられます。

 

クリの食用上の注意事項:

 

クリには生で食べると消化し難いから、食べすぎるには注意してください。最も良いのは両食の間にお菓子として食べます。あるいは料理の中に入れて食べます。

 

ご飯の後で、食べすぎるとカロルーが多いので、体重の維持には不利なところがあります。

 

生のクリはカビが生えやしいので、食べると中毒してしまう結果になります。だから、カカビが生えたクリは食べられません。

 

三、ひまわりのクアズ

 

ひまわりのクアズはクアズの中で栄養価値がもっとも高いです。

 

このナッツの効能:

 

毎日に定量のひまわりのクアズを食べると、体一日のビタミンEがとれます。

 

ひまわりのクアズの中の蛋白質の数は肉と比べられます。特に、その中に精液を作る過程に欠かせないアルギニンもあります。

 

常にひまわりのクアズを食べると、冠状動脈、心臓病、中风に対し予防の効果もあります。そして、血圧を下げ、血管の弾性を保护するなど効果があります。

 

ひまわりのクアズは失眠を治れ、記憶力を増強し、癌を予防することもでき、高血圧やノイローゼにも作用があります。

 

四、ピスタチオ

 

ピスタチオは心臓の友といわれています

 

このナッツの効能:

 

ピスタチオは不飽和脂肪酸が多いので、ほかのナッツのようにに、カビが生えやしいではないです。

 

そして、コレステロールを下げ、心臓の病気を減らす効果があります。

 

10個のピスタチオイコール1.5グラムの不飽和脂肪酸です。

 

食用上の注意事項:

 

貯蔵時間が長すぎるピスタチオは食べれません。

 

ピスタチオにはカロリーと脂肪が高いので、肥満症患者、高脂血症の人は注意してください。

 

 

五、甘いアーモンド

 

甘いアーモンドは50%の脂肪、25%の蛋白質、10%炭水化物とビタミンEやカルシウム、マグネシウム、ホウ、カリウムなどの元素を構成されます。

 

甘いアーモンドの作用:

 

データによると、常にアーモンドを食べる冠状動脈、心臓病患者は食べない患者と比べると、心疝痛の確率50%減らしました。

 

アーモンドにはインスリンと血糖レベルを調節する効果があります。

 

そして、糖耐量減少と糖尿病の食療品のひとつでもあります。

 

アーモンドの中のホウとカルシウムは更年期女性の骨粗しょう症に対していいところもあります。

 

ナッツ効能

六、ヘーゼルナッツ

 

ヘーゼルナッツには栄養が高く、体には必要な八種類のアミノ酸が全部あります。しかも、その量はクルミと比べると、かなり高いです。

 

ヘーゼルナッツ効能:

 

ヘーゼルナッツの中に、カルシウム、リン、鉄の数もほかのナッツより高いです。

 

高い栄養と美味しい味の故、昔から珍果と言われています。

 

ヘーゼルナッツ性平味甘、補気、健脾、止泻、明目、駆虫などの効果があります。

 

七、カボチャのクアズ

 

前立腺疾患を治療するの効果があります。

 

カボチャのクアズというナッツの効能:

 

アメリカの研究結果によると、毎日50グラムのカボチャのクアズを食べると、前立腺疾患と前立腺癌を有効に予防することができます。

 

カボチャのクアズにはパントテン酸が高いので、静止性心疝痛緩和することができ、降圧の効果もあります。

 

でも食べすぎるには注意してください。カボチャのクアズを食べすぎるのせいで、めまいがする報道もあります。

 

胃熱患者は少食の方が良いです。でないと、かん腹が膨れるので注意してください。

 

 

八、ピーナッツには蛋白質と脂肪が高い、いくつの微量の栄養素もあります。

 

ピーナッツ効能:

 

科学研究者の最新発見によると、ピーナッツの中には大量のアルギニンとレスベラトールがあります。アルギニンには潜在的な抗結核作用、レスベラトールには癌細胞の浸潤と拡散を抑制することができます。

 

だから、結核患者と癌患者にとって、ピーナッツは最高の食療品である。

 

でも、ピーナッツの皮には血小板の数を増やし、抗繊維蛋白質溶解の作用もあるので、高ネバネバ血症の患者は皮を剥いて食べてください。

 

ピーナッツは消化しにくいので、食べ過ぎると、胃と腸に負担がかかるので、注意してください。

 

 

九、松の実は長寿の果実と言われています。

 

松の実というナッツの効能:

 

松の実には蛋白質、脂肪、糖類を含めています。その中の脂肪は亜リノール酸、亜麻酸、などの健康に必要な脂肪酸が含めています。カルシウム、リン、鉄の量もたくさんあります。

 

常に食べると体のいいところがあります。

 

しかし、貯蔵時間が長すぎると酸化基準が超えるので、食べられません。

 

胆機能不良の人が松の実を食べるのは遠慮してください。胃と腸に負担がかかるので、注意してください。

 

 

十、カシューナッツには脂肪量47%、蛋白質22%

 

カシューナッツ効能:

 

ほかのナッツと比べて見ると、カシューナッツには人体に不利の飽和脂肪酸が多く、20%くらいですので、食べすぎるには注意してください。

 

そして、カシューナッツにはいろんな過敏源が含めているので、アレルギー体質の人にアレルギー反応が出出るかもしれません。

 

だから、初めてカシューナッツを食べる人には食べすぎるのはご遠慮してください。まず1個や2個を食べて、十分に待ってから、アレルギー反応がなければ、食べ続けます。