厨房ゴミを再利用 免疫を高める食べ物に

普段に料理を作る時、下記のものをよく捨てられるでしょう。実に、これらのものは免疫を高める食べ物です。ぜひ捨てないように料理に取り組んでください。

免疫を高める食べ物
免疫を高める食べ物

一、野菜の根は免疫を高める食べ物です。

 

これはよくゴミ箱に入っているものでしょう。香菜の根、セロリ、大根の皮にビタミンCや食物繊維が豊富です。癌予防のレシピとして、塩や酢、醤油、香料などで漬けてキムチに作って食べられます。降血圧、コレステロールや便秘、結腸癌などの疾病の予防にとても理想的な食べ物です。

 

二、茄子の皮

 

料理を作るとき、沢山の人が茄子の皮を剥いてから食べますよね。が、茄子の皮を剥かなくて食べるのを薦めます。免疫を高める部分は皮にあります。

 

茄子の皮にピタミンB族があります。B族ピタミンはピタミンCの代謝に役立ちます。癌予防の研究により茄子の皮に癌の活性を防止する能力が一番強いので、免疫を高める効果が癌予防の薬にも超えているという。

 

三、魚の鱗

 

癌予防専門家の研究によると、魚の鱗にレシチン、多種の不飽和脂肪酸が含まれていますし、多種の鉱物質、特にカルシウム、燐の含有量は高くて、特殊な癌予防などの免疫を高める食べ物になります。

 

また、癌予防することだけでなく、人の記憶力を強めることができ、脳細胞老化を遅らせ、高血圧や心臓病の予防もできます。常によく食べると、小児佝僂病、老人の骨粗鬆と骨折も予防できます。

 

四、おから

 

食物繊維、カルシウムなどの栄養素が高く含まれていますし、低カロリー、低脂肪、抗ガン、便通、脂肪低減、血糖降下が特徴です。

 

そして、ダイエットの新しい原料でもあります。卵白、小麦粉、ネギのみじん切りと調味料を入れて攪拌してから餅に焼いて食べるのは一つの免疫を高めるレシピです。血粘度が高くなる、高血圧、動脈硬化症や心臓病、脳卒中、癌の再発予防にとてもいいです。

 

五、ミカンを食べる時その筋を取らないで食べること

 

かなりの人はミカンを食べるときに、ミカンの筋を剥かしてから食べますよね。

 

癌予防の研究によると、ミカンの筋にある「ルチン」のビタミンが人の血管の弾力性と密度を正常程度に維持する事ができ、それに血管壁の脆性と浸透性を減少し、毛細血管の血滲みを防止できます。癌予防だけでなく、高血圧患者が脳溢血の発生と糖尿病患者が網膜出血の防止ができます。

六. 陳酢

 

捨てられる食べ物の話からちょっと外れですが、癌予防の実験により、ハトムギの実やトウモロコシを原材料として作った酢から抗腫瘍活性物質があり、癌予防の作用があることがわかりました。酢の卵液は解熱解毒、活血化瘀ができますし、多種のビタミンも含んで、ニトロソアミンの形成を遮断し、機体の新陳代謝を促進、免疫を高める効果がありますので、癌予防効果があることと証明しました。よって、陳酢も免疫を高める食べ物となります。

免疫力アップ食べ物は癌の予防に効く

免疫力アップ食べ物
免疫力アップ食べ物

 

食べ物と癌は密接な関係がある。食べ間違ったら、癌の導火線になる。食事の中に免疫力アップ食べ物を食べたら、癌を予防することができる。免疫力アップ食べ物は確かに癌などの病気を治す、予防する効果がある。

 

こういうような諺がある。「一日にりんご一個、ウイルスは離れていく。」適当な免疫力アップ食べ物は病気を治す、防ぐ効用がある。

 

例えば、蛋白質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンE、朝鮮人参RH2など、これらは免疫力アップに役立つ。人間の免疫力は非常に弱くて、心臓、循環システムほど強くない。

 

よって、食事の中に、できる限り上述のものを含んでいる免疫力アップ食べ物を取り入れる。

 

皮膚の免疫力はいろいろな障壁があり、ウイルスの侵入を防ぐ。

 

例を挙げってみると、皮膚、鼻の穴、肺の粘膜と粘液は体の第一防御線である。細菌、ウイルスの侵入を防げる。

 

精神的なストレスを強く感じる時、営業不良の時、我々の免疫力は弱くなる。

 

例えばビタミンAに欠けると、肺粘膜の効用も弱くなって、細菌とウイルスは簡単に侵入できる。

 

要するに、免疫力は強ければ、ウイルスと抵抗する能力も強くなる。

 

病気になった時、あるいは怪我した時、免疫力低下の人より早く治れる。

 

以下の免疫力アップ食べ物は癌予防に効果があるので、積極的に食事に取り入れましょう。

 

  • ブロッコリーとキャベツ:

 

アブラナ科の植物、例えばブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、ヤセイカンランなどは全部の癌を防ぐ植物である。

 

いろいろな研究によると、以上紹介した野菜をよく食べると、胃がん、乳腺癌、腸癌を一定程度予防することができる。

 

驚いたのは、アブラナ科の野菜が病気を治せる物質は、ビタミン、ミネラルではなくて、インドールと呼ばれる複合物である。インドールが高温の状態で流失しやすいので、長く煮ないでください。

 

  • 橙、柑橘類の果物:

 

ピーマン、かりんのほか、橙、柑橘類の果物はビタミンCに富んでいて、白内障の防止に役立つ。

 

白内障とは水晶体が喫煙、大気汚染、長年酸化の原因で灰白色になり、視力が衰える病気である。

 

ビタミンCは酸化の損害を防げる。

 

実は、最近のある研究によると、毎日果物と野菜をたくさん食べれば、白内障になる可能性は20パーセント減少する。ビタミンCも細胞の免疫力を高められる。

 

この前、世界保健機関(WTO)が三年の研究を経て、あるランキングを発表した。これは食物ランキングだが、健康食品トップシックスとジャンクフードトップテンが披露された。

 

三年間、世界保健機関が日常の食べ物を分析し、野菜、果物、肉、油、スープ、脳食品などの六種類の癌予防にいい免疫力アップ食べ物を選んだ。

 

同時に、揚げ物、塩漬物、加工肉食品、ビスケット、炭酸飲料、インスタント食品、缶詰、砂糖漬け果物、冷凍デザート、焼き物などもジャンクフードトップテンに入選した。それらの食品を避けて、免疫力アップ食べ物を沢山取った方が良い。